人気の武蔵野音楽大学は学生支援制度が充実

  1. ホーム
  2. 音楽をより身近に感じる

音楽をより身近に感じる

楽器

社会人からも評価

武蔵野音楽大学をはじめ、専門的な学びには大学生が在籍しています。音楽に関心・愛着があり、将来、演奏家などの道を目指すだけではない教育を受けられる点で、一般の方からも支持されています。また、専門性を高め、複雑化する社会性に対応したいなど、武蔵野音楽大学では様々な入学の形態や学び方があり、大学入学資格のない方にも道が開かれています。一例として、社会人や教職員のための講習会や研修なども提案しています。幼稚園や小中学校などの教員にも、音楽の知識や技術は必要で、演奏や歌唱力など、免許のみならず、スキルアップを図れるために評価されています。音楽大学では一般大学と異なり、オーケストラや合唱団などの音楽団体への就職はもちろん、音楽性を求めるフィールドも国際化し、語学能力が高まり、多方向へ就職のジャンルを拡げられると人気です。

体験できる

音楽クリエイターなどは、メディア情報から学生の関心を一挙に集めている職です。その他、音楽団体への所属まで、武蔵野音楽大学では就職先や就職率の高い音大として現役高校生などから評価されています。武蔵野音楽大学では、年間約150回のコンサートやオーディションなど、自信や可能性を拡げるイベントを開催しています。今、国際的にも和楽器や日本伝統歌唱などが話題を集め、外国からの留学や入学など、進路にも武蔵野音楽大学は選ばれています。また、指揮やオペラ課外バレエ、重奏研究など、様々な関連行事が年間通して目白押しです。さらに魅力的なのは、公演や海外演奏旅行、プロとの共演などまでが行える点で、ただ単に音楽について学ぶだけではない体験型で学生ライフの充実度までが意識されています。